プロメテウスの罠

プロメテウスの罠―明かされなかった福島原発事故の真実Podcast「くりらじ」の局長BJご推薦の一冊である。
福島原発事故の実態について、様々な角度から検証している。
事故の本当の問題が人災であったことがよく分かる。

福島原発付近に住む一般人、放射線の研究者、チェルノブイリ、官邸など、複数の視点で原発事故を検証している。
朝日新聞社によるこの報告も、今や全く信用出来なくなったマスコミによるものだが、それでも疑いようもなく酷い状況が伝わってくる。

政府や東電による情報の隠蔽は分かっていたことだが、政府内部でさえ情報の伝達が滞り、首相がテレビで状況を把握するしかなかった事態には驚くしかない。
何かを為すための陰謀ではなく、縦割りの構造や事なかれ主義が実行を阻害している。

問題なのは原発施設のハードウェアではなく、危機管理体制なのだ。
その見直しが全くなされていないまま、再稼働を急ぐのは理解出来ない。

[amazonjs asin=”4054052347″ locale=”JP” title=”プロメテウスの罠―明かされなかった福島原発事故の真実”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。