グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ派手な装丁に騙されるが、まっとうなマーケティング本である。
アメリカで有名なバンド「グレイトフル・デッド」が昔から行なっていた方法を元に、現代的なマーケティング方法を解説している。

グレイトフル・デッドは、むかしから録音した曲のファンによる流通を許し、ライブで収益を上げてきたバンドであるらしい。
近年、CDの市場が崩壊しライブで稼ぐバンドが増えてきたが、グレイトフル・デッドは、かなり昔から、この手法を取り入れてきた先進的なバンドなのだ。

グレイトフル・デッドの事例も面白いが、途中のコラムで解説される著名な企業のマーケティング戦略も興味深い。

ふつうのショッピングでは、買うかどうか迷った場合には、家に戻って「もう一度考える」ことが出来る。
たいていの場合は熱が冷めて冷静になるので、必要なものではないと気づき購買に至らない。
オンラインで高級品を販売するル・ラ・ラは、客が素早く購入できる「急いで購入」という機能で売上を増やした。

グレイトフル・デッドという、ちょっと古いイメージのバンドをネタにして、最新のマーケティング戦略を解説している。
それだけでなく、現代の企業戦略とは違うグレイトフル・デッドならではの戦略も紹介されている。
こちらは、今後のトレンドとなる可能性もある。

ブランドを厳密に管理し過ぎないようにしよう。
ブランディングを厳密にし過ぎると、クリエイティビティを窒息させてしまう。

自社の製品やアイディアをまねする者と提携してしまおう。

[amazonjs asin=”4822248526″ locale=”JP” title=”グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です