南アルプス縦走

社会人になってから初めての縦走である。
三泊四日のうち二泊はテント泊なので、荷物も重い。
重い荷物で3,000メートル超えの北岳を含む南アルプスを攻められるか不安はあった。
けれども、とても疲れはしたが、天気に恵まれ、景色と高山植物を満喫した登山となった。

奈良田温泉のバス停に車を駐車して、そこからバスで広河原に向かう。
広河原は何度か使っている登り口なので、懐かしい感じもする。
客引きと思われるオッサンに、今日は白根御池小屋までだと予定を伝えると、それは年寄りのコースだと言われてしまった。
荷物も重いし、今回は高山植物を観察しながら、ゆっくり大人の登山を愉しむのだ、と仲間内で納得し合う。

確かに白根御池小屋にはあっという間に到着した。
テントを設営すると、まずは生ビール。
これがあるから山小屋は嬉しい。

2012Minami01

2012Minami02

初日の夕食は豪華にデミグラスハンバーグ。
個人的には、今回のテーマのひとつはオシャレな山食である。
フライパンにアルファ米とハンバーグを盛り付けると、ちょっとしたワンプレートランチの出来上がり。

2012Minami03

食べたら寝る。
今回の縦走ではよく寝た。
日が暮れる前に夕食を済ませて、夜明け前に目覚める生活だった。
目をつぶっているだけで熟睡していない時間もあったが、10時間近く寝床に入っていたおかげで疲れはあまり残らなかった。

2012Minami04

初日の朝食はホットケーキ。
地元の公園で練習したので、そこそこ腕が上がった、と思う。
でも、出来上がったホットケーキを置く皿を持って来なかったのは不覚だった。
何事も勉強である。

2012Minami05

白根御池小屋を出発すると、いきなり草スベリの急登である。
キツイ登りだが、様々な種類の高山植物が楽しめた。
今回の登山は、いままでの登山の中で一番よく高山植物を観察出来た。
高山植物は被写体として面白く、いいアングルを探しながら登ると、疲れを少しは忘れる。

2012Minami06

2012Minami07

2012Minami08

北岳肩ノ小屋を経て北岳山頂に到着。
山頂がガスった以外は良い天気だった。
前回北岳に登った時は、3,000メートルを越えると判断力が鈍くなったものだが、一泊して高度順化したのか全く問題は無かった。

2012Minami09

2012Minami10

2012Minami11

2012Minami12

2012Minami13

北岳を下り始めると、雷鳥の親子に遭遇した。
人間を恐れず、かなり近くまで寄ってくる。
しかし、岩と同じ色の保護色になっているので、判別しづらい。
肉眼ならともかく、カメラの液晶を通して見ると、全然わからなくなってしまう。
子供たちは、数匹で砂浴びを始めて、とても愛らしい。

2012Minami14

2012Minami15

北岳山荘で無事に別行動だったメンバーと合流。
北岳山荘ではテントではなく、山小屋泊である。
寝るスペースも予想より広く、メンバー4人が固まっているので、気分が楽である。
どちらにしても、夕食を食べて、すぐに寝る。

朝5時前に朝食を食べて出発。
今日も天気が良い。
富士山と朝日が美しい。

2012Minami16

3日目は北岳山荘から間ノ岳、農鳥小屋、農鳥岳を経て大門沢小屋まで向かう尾根を中心とした縦走である。
最高峰の北岳はクリアしたのだから、後は楽勝だと思っていたがとんでもなかった。
数百メートル下っては、数百メートル上る行程は、精神的ダメージが大きい。
どうせまた上がるのだから、橋でもかけておいて欲しくなる。
また、大門沢小屋手前の下りは、道というより干上がった川のような酷い有り様だった。

2012Minami17

2012Minami18

2012Minami19

2012Minami20

2012Minami21

2012Minami22

2012Minami23

大門沢小屋でのテント泊は4人になってしまったので、荷物がテントの中に入りきらず、ツェルトを立てて荷物置場にした。

夕食のパスタは茹でる時に塩を入れ過ぎて、かなりしょっぱいモノになってしまった。
それでも、フライパンの中にフランスパンと一緒に入れれば、ビジュアル的にはOKである。
今回購入したフライパンは、お皿としてかなり優秀である。

2012Minami24

2012Minami25

最後の朝食は、焼いたフランスパンにツナマヨネーズ。
残念ながらツナマヨネーズがパンと同じ色なのでよく分からない。
次回は、色合いも考えて材料を用意しよう。

2012Minami26

最後は3時間半ばかり、ひたすら下る。
腿には辛いが、丸太橋や吊り橋、コケやシダの森などバラエティに富んでいて楽しかった。

2012Minami27

2012Minami28

2012Minami29

登山後恒例の温泉は「湯島の湯」。
500円とは思えないハイクオリティと長閑さで、とても満足した。
ただ、日焼けが酷くて腕は湯船に入れられなかった。

2012Minami30

以下は今回の高山植物ハンティングの収穫。
事典を見ても、ひとつも名前が分からなかった。
この道も奥が深い。

2012Minami31

2012Minami32

2012Minami33

2012Minami34

2012Minami35

2012Minami36

2012Minami37

2012Minami38

2012Minami39

2012Minami40

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です