テクノ手芸

テクノ手芸テクノと手芸とは不思議な組み合わせである。
しかし、本書を読むと、ワクワクする組み合わせであることが分かる。

要するに、手芸で作ったぬいぐるみの目を光らせたりすることである。
そうはいっても、奥が深い。

最初の方で、フェルトを使ってボタン電池のケースを作っている。
導電糸を使えば、このケースから電気が取れるのだ。

スイッチやLEDを使うので、回路図の読み方や、テスターの使い方も解説されている。
LEDの灯りをコントロールするために、マイコンまで使う。

紹介されているのは、今流行のArdiunoである。
Ardiunoのプログラミングも解説されており、なかなかレベルが高い。

この道も、極めればサイバーパンクやスチームパンクに繋がるに違いない。

[amazonjs asin=”4862670954″ locale=”JP” title=”テクノ手芸”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です