一般意志2.0

一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル2世紀半前の思想家ルソーの唱えた「一般意志」を、現代のIT技術によってアップデートしようという試みである。
フロイトが唱えた個人の無意識の概念を拡張し、ネットにおける膨大な履歴を社会の無意識として捉え直すなど、革新的な着想が面白い。

ルソーの時代では空想的でしかなかった「一般意志」は、ネット社会の現代では、ネットの検索や購入履歴として取得、分析、利用出来る。
当然それが正解ではないが、社会の無意識として無視できない存在ではない。
社会が複雑化し過ぎて、熟議による決定が難しくなってしまった現代において、この無意識を為政者の牽制に使うという発想は面白い。

私自身うまくまとめ切れていないが、SFのネタとしても素晴らしいと思う。
「攻殻機動隊」のシナリオにでも使って欲しいくらいだ。

しかし、これは現実の話だ。
我々がSFと思っていた世界に、いつの間にか突入してしまっているようだ。
資本主義や民主主義に限界を感じる昨今の情勢では、このような新しい方法論が欲しくなってくる。

[amazonjs asin=”4062173980″ locale=”JP” title=”一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です