悲痛伝

悲痛伝 (講談社ノベルス)西尾維新らしい鬼畜な英雄譚「悲鳴伝」の続編である。
書店で売上が上位なのが驚きである。
日本社会は、このような感性が一般的に受け入れられるほど成熟・腐敗しているのだろうか。

今度の敵は「魔法少女」である。
味方殺しの我らがヒーロー「空々空」は、住民の消失した四国で、「魔法少女」と対峙することになる。

何を言ってもネタバレになってしまいそうなので、何も語れない。
期待を裏切らないヒドい話だし、西尾維新らしいトリックは健在で、楽しませてくれる。
それよりも、まさかこの厚さで話が終わらないとは!
とにかく、続きを早く書いて欲しい。

[amazonjs asin=”406182855X” locale=”JP” title=”悲痛伝 (講談社ノベルス)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。