レイアウトデザイン レイアウト基本マニュアル

レイアウトデザイン―レイアウト基本マニュアル (常用デザインシリーズ)レイアウトについて論理的に解説している本。
美学や心理学まで使って、レイアウトの法則を高い説得力で説明している。
サンプルについては評価が高過ぎる気もするが、好みの問題もあるのだろう。

デザインの本にしては珍しく、図解や箇条書きによるロジックの説明が多い。
私が参考に出来そうなのは、以下の通り。

【レイアウトの注意事項】
1.それが何であるかすぐ分かる
2.特徴やメリットがすぐ分かる
3.欲しい情報がすぐに探せる
4.全体的に美的効果がある

【受け手が得るもの】
1.共鳴
2.達成感
3.満足
4.感動

【文字と絵の置き方のセオリー】
1.作品にはポイント(要)がある(最も簡単なのはドミナントポイント)
2.画面を3カテゴリーまでにまとめる
3.人を絵(図)と文字によって、目的地に誘導する

【ユーザ視点からの4ポイント】
1.スムーズに見たい
2.効率よく読みたい
3.読んで刺激を受けたい
4.その情報で得をしたい

【視線を誘導する】
1.上から下へ
2.大から小へ
3.隣接するもの
4.同じ形へ
5.同じ色へ
6.次の番号へ
7.矢印に従う

もう少し、Web寄りの解説が欲しい。
この本の考え方で、Webのレイアウトを分析した本を出して欲しい。

[amazonjs asin=”4766120175″ locale=”JP” title=”レイアウトデザイン―レイアウト基本マニュアル (常用デザインシリーズ)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です