悲惨伝

悲惨伝 (講談社ノベルス)西尾維新のトンデモヒーロー・シリーズも3作目。
まさかの四国クエスト続編である。
驚くべきことに、この巻でも四国編は終わらなかった。

空々空の四国における冒険は、更に多くの魔法使いと出会い、まだまだ続く。
四国に人が居なくなった原因も判明したが、あまり話が進んだ気がしない。
この巻は、少し冗長な気がする。

気が弱いのに、なぜか相手をイライラさせる新キャラが良い。
感情のないのが売りの空々空を苛立たせるのは、ある意味才能である。
私の中では、彼女の声は、八九寺真宵と同じである。

面白いのか、面白くないのか、判然としないところはあるが、きっと最後まで付き合ってしまうのだろう。

[amazonjs asin=”4061828797″ locale=”JP” title=”悲惨伝 (講談社ノベルス)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。