「ひとり会議」の教科書

1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書 (Sanctuary books)ひとりだけで会議を行い、問題解決のアイディアを得たり、行動につなげるための方法を解説している本である。
ひとりで考えることの多い私には、ぴったりの本だと言える。

「ひとり会議」とは、具体的には以下のような方法で行う。

  1. 今直面している問題をすべて書き出す。
  2. それぞれ「どうなればいいか?」という質問のカタチに変える。
  3. それぞれ「どうすればそうなるか?」という質問のカタチに変える。
  4. それぞれの答えを「◯◯する」ろいうTo Do のカタチにして、スケジュール帳に書き込む。

ひとりでじっくり考える時間を持つのは、抱えている問題が整理され、漠然とした不安が取り除かれるので、精神衛生上も良い、というのは多くの本でも書かれている。

この本の良いところは、「まずは楽しくなければいけない」とし、いかに楽しくするか考えるように促しているところだ。
大人になると単純に楽しいと思えることが減るので、努力して自分の「楽しさ」を発見し、育てなければならないと思う。

また、やる気のない時の対応方法まで教えてくれる親切さである。
この内のいくつかは、私も実践しているが、効果はある。

  1. 「ちょっとだけやってみない?」と自分に声をかける。
  2. 「どうすればこの作業が楽しくなるか?」と自分に質問する
  3. まずは簡単な作業を、まるで芸術作品のように、丁寧に時間をかけて仕上げてみる。
  4. 「今からこれをすると、なにが手に入る?」と自分に聞く
  5. 「ねばならぬ」気持ちになったら仕切り直す。

[amazonjs asin=”4861139465″ locale=”JP” title=”1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書 (Sanctuary books)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。