流れ行くもの

流れ行く者: 守り人短編集 (新潮文庫)大ヒットした「精霊の守り人」シリーズの外伝である。
4つの短編で、バルサとタンダの若き日々が語らせる。
上橋菜穂子の世界構築の緻密さと描写力に驚かされる。

まず驚いたのは、バルサとタンダの年齢の違いである。
本編では大人だったので気にならなかったが、子どもの頃の数歳違いは大きく、姉と弟のような関係だったようだ。

ファンタジーであるにも関わらず、本当に存在する世界のようにタンダの住む農村や、放浪の用心棒としてのバルサの生活が描かれている。
農村や山の風景が目に見えるように美しく、そして懐かしく感じられる。
これだけリアルな世界が構築されているからこそ、バルサやタンダの心情に無理なく共感出来るのだろう。

上橋菜穂子の存在は、日本のファンタジー界にとって、得がたい幸運である。

[amazonjs asin=”4101302839″ locale=”JP” title=”流れ行く者: 守り人短編集 (新潮文庫)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です