白馬自転車合宿2013

今年の自転車合宿は観光が充実していた。
スキーのジャンプ台、鉄道模型のジオラマ、忍者からくり屋敷と、見所が多かった。

今年も白馬に行こうということになったが、貸し別荘は満員か高値だったので、ペンションを予約した。
自宅を9時に出発し、途中トンネル内の事故車にヒヤリとしたが、たいした渋滞もなくお昼には川中島に到着した。
川中島古戦場の公園の中にある手打ちそば処「横綱」で天ぷらそばを食べた。
ここの天ぷらは、カラっと揚がっていて、しっかりした衣が私の好みだった。

2013hakuba01

15時過ぎには、今回の宿であるペンション「早起き鳥」に到着した。
バーコーナーには巨大な鉄道模型なコースがある、多分鉄系の人にはたまらない宿である。
自前の模型を持ち込まないと、動いている姿が見られないのが残念だった。
4人部屋にはロフトがあり、1階にベットが2つ、ロフトにベットが2つという構成だった。
ロフトには荷物を上げるが手間で、酔っ払って落ちないか心配になる。

2013hakuba02

まずは、温泉で旅の汗を流す。
宿の近所の「十郎の湯」は、思いのほか人が多かった。
どうやら16日は、サービスデーで、料金が半額なのが客の多い原因のようだ。

夕食は、前回の白馬旅行でも利用した居酒屋「十夢想屋」に行くことになった。
ところが開店が18時なので、30分は時間を潰さなければならなくなった。
駅前の通りをプラプラ歩くと、家や電柱に土の塊のようなものがやたら付いているのが目立つ。
ニュースで見た蛾の卵のようだ。
気がつけば、道端におびただしい数の蛾の死体が転がっている。
恐ろしい光景だ。

2013hakuba03

翌日はメインのサイクリング。
今回走る「白馬サイクリングコース」は23キロしかなく、高低差も少ないので、楽勝である。

宿を10時頃に出て、まずは白馬ジャンプ競技場を目指す。
ここのジャンプ台がなかなか楽しめた。
500円払って、リフトに乗り、ジャンプのスタート地点を目指すのだが、建物のデザインが良い。
マジンガーZ等の巨大ロボットが基地に使っているような雰囲気である。

2013hakuba04

2013hakuba05

2013hakuba06

2013hakuba07

リフトを降りてから、ジャンプのスタート地点までは、階段で登る。
この階段は、網目で下が見えるので、高いところが苦手な人には、厳しい難所らしい。
クライマーである私には、何でもないが・・・

2013hakuba08

分かりにくい道に迷いながら走り、昼になったのでガストで昼食となった。
2日連続そばである必要はない。

最後に大出公園に寄った。
吊り橋がメインのようだが、全然怖くないのが残念である。
水車小屋のそばの小川の水は、サンダルで入ると頭にまで響く冷たさである。
今回は、運動靴を忘れたのでサンダルで自転車に乗っていたのだが、この時ばかりはサンダルで良かった、と思った。

2013hakuba09

2013hakuba10

夕食に考えていた駅前の居酒屋は18時開店なので、またも時間が早過ぎた。
しかたなく、あてのないドライブで時間を潰した。
18時になって居酒屋に行ってみると、まさかの貸し切り!
仕方なく、近所の居酒屋に入った。
その居酒屋の料理は美味しかったので、まあ良かった。

最終日は、まずトレインギャラリーNAGANOに寄ることになった。
ところが、カーナビ通り走ってもなかなか到着しない。
それらしい場所を発見したが、田んぼの中の細い道しかなく、本当に着くのか心配になるところだった。

無事に到着すると、むしろ蕎麦屋が中心の建物だった。
鉄道模型にはまったく興味がない私だが、ここのジオラマは面白かった。
時間差で様々な列車が走り、ちゃんと音声で解説が入るのが良い。
列車が来ると踏切のランプが点滅するなど、芸が細かい。
カールおじさんやトトロの人形が配置されているのも微笑ましい。
昼食は、そのままギャラリーの食堂でそばセットを食べた。

2013hakuba11

2013hakuba12

2013hakuba13

2013hakuba14

2013hakuba15

次に「道の駅オアシスおぶせ」で見つけたチラシをたよりに「忍宝館」に行くことになった。
「忍宝館」は、戸隠の「チビっ子忍者村」の中にあるはずなのだが、受付で聞いても知らないと言われてしまった。
仕方ないので駐車場で誘導している社員に聞くと、別の場所にあると言われた。
説明された場所に行ってみると、そこは「戸隠忍者からくり屋敷・忍法資料館」だった。
「忍宝館」だけに、スタッフにも秘密なのだろうか?
「戸隠忍者からくり屋敷・忍法資料館」も楽しかったので、別にいいけど。

2013hakuba16

「戸隠忍者からくり屋敷・忍法資料館」では、本物の忍者の写真がなかなか楽しめた。
忍者が修行をしている姿や、技を繰り出している姿が、かっこ良さとバカバカしさが絶妙にブレンドされている。
からくり屋敷も予想外に本気だった。
次の部屋へ抜ける隠し扉を探す迷路なのだが、扉の隠し方のレベルが高く、遭難する人が少なくないと思う。

2013hakuba17

2013hakuba18

2013hakuba19

帰りもそれほど渋滞に合わず、帰宅することが出来た。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です