パシフィック・リム

パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray]日本のロボットアニメファンが観ても、納得できるレベルの映画だった。
監督の好きものさ加減が伝わって来る。

敵は宇宙からではなく、海底から現れた!
この怪獣に対し、人類が選んだ対抗手段は巨大人型ロボットだった!
もう、観るしかない設定である。

細部の汚れがリアルなロボット兵器が、巨大な怪獣と戦う。
それも、ビームなどの野暮な兵器はあまり使わず、肉弾戦である。
プロレスである。
iMAXシアターで観て良かった、と思わせる迫力だった。

2人のパイロットの精神が同調しないとロボットが動かない、敵の数がどんどん増えていく、原子力で動くロボットを爆弾にするしかない、などお約束のオンパレードである。
日本のサブカル・フォーマットは、世界を変えているかもしれない。

しかし、怪獣に付く寄生虫という発想な無かった。
この寄生虫を含めて、怪獣の死体を売りさばくバイヤーは、またたくましい。

[amazonjs asin=”B00F3WXFOI” locale=”JP” title=”パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) Blu-ray”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です