インフラエンジニアの教科書

インフラエンジニアの教科書インフラエンジニアになりたいわけではないけれど、行きがかり上、ある程度の知識が必要になったので、体系的に学べる本を探した。
そういう意味では、なかなか良くまとまった本である。
この分野に、それほど興味がない自分も再確認出来た。

・サーバ
・OS
・ネットワーク
・ストレージ
・購買と商談
・データセンター
・ソリューションとセキュリティ
・インフラ運用
・大規模インフラ

というような構成で、現場に即した説明が多い。
どのような選択が安いかや、安全かなど、実際の利用・運用経験に基いて語られている。

インフラの世界は日進月歩で、少し目を離した隙に、全く知らない単語が跋扈している。
この本も、来年には古い知識になってしまうのだろう。
ただ、2014年3月までのプロジェクトの参考にはなるだろう。

まあ、Macユーザは、Macが機嫌良く動いてさえくれれば、中身がどうなっていようと関係のない人種である。

[amazonjs asin=”4863541333″ locale=”JP” title=”インフラエンジニアの教科書”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。