売れないモノの9割は売れるモノに変えられる

売れないモノの9割は売れるモノに変えられるいかにモノを売るかについて、人間の心理から解説している。
人間は合理的に判断して買い物をするわけではない、という前提でテクニックを展開している。
本書の中で言われている通り、悪徳商法にも利用できる危うさがある。

理論としての面白さに欠ける気もするが、 多数の企業の販売コンサルティングをしているだけあって、テクニックには説得力がある。

実は私たちはいつも、”妥協”で何を買うか決めているのです。

不安という入り口から入り、相手の感情の変化を認めて、情報を与えてさらに関心を高め、比較検討させて、最後は「ひとまずは、お試しで」と妥協へと自然に動かしているのに気づいてほしいのです。

という考え方が本書の基本である。

人間心理の動きを予想して、段階的にアプローチする手法は、試してみる価値がありそうだ。
いまは時間がないが、また商品の販促フェーズに入ったら試してみようと思う。

[amazonjs asin=”4776207443″ locale=”JP” title=”売れないモノの9割は売れるモノに変えられる”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。