下町ロケット

下町ロケット (小学館文庫)半沢直樹で大ヒット驀進中の池井戸潤による「下町ロケット」がやっと文庫落ちしたので、勇んで購入した。
期待が大き過ぎたのか、それほど面白くなかった。
ちょっと私の趣味とは違うのかもしれない。

ロケットの打ち上げで失敗した主人公は、研究者を諦め、実家の工場を継いで社長になる。
彼の会社の開発した技術を巡り、大企業が特許侵害の訴えを起こす。
体力のない中小企業が裁判を乗りきれないことを見込んだ、陰湿な攻撃である。
しかし、中小企業も負けていなかった。

という、ある意味よくある話である。
大企業側も主人公側の中小企業も、決して一枚岩ではないあたりは上手いと思う。
でも、あまり盛り上がらなかった。
「半沢直樹」も最後まで見れなかったし、私とは方向性が違いのかもしれない。

[amazonjs asin=”4094088962″ locale=”JP” title=”下町ロケット (小学館文庫)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。