エンダーのゲーム

エンダーのゲーム [DVD]なかなか良い映画だったと思う。
このクオリティで古典SFを映像化してくれると嬉しい。

異星人の侵略を辛くも撃退した人類は、次の攻撃に備え強力なリーダーを育成することを決める。
その中で見出された少年がエンダーである。
訓練であるゲームでは、天才的なひらめきで圧勝していく。
しかし、飛び抜けて優秀な彼は、教官の思惑もあって、仲間たちから孤立していく。
それでも昇進を続ける彼は、実戦前の最後のシミュレーションに挑むが・・・

ハリウッド的なドンパチでも、日本SF的な「愛」でまとめることなく、手堅く作られている。
ラストはあまりにも有名なので衝撃はなかったが、エピローグは泣かせる。

直前に短編版の原作を読んだのだが、短編は淡白過ぎて、映画の方が良く描かれていたと思う。
ところが、長編版の原作を読んでいた友人たちは、とても不満なようだった。
やはり、カートやキング、宮部みゆきの長編に、映像作品で勝つのは並大抵ではない。

[amazonjs asin=”B00J2NRV9O” locale=”JP” title=”エンダーのゲーム DVD”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。