終物語 下

終物語 (下) (講談社BOX)「物語」シリーズついに一応の完結。
予想外にちゃんと終わっていた。
西尾維新のウルトラCによるハッピーエンドは、さすがである。

セカンドシーズンからのラスボスである忍野扇の正体が明らかになる。
正体自体はそれほど驚くべきものでもなかったが、セカンドシーズンが全体的にファーストシーズンの否定であったのも納得がいく。
そして、忍野扇の名前の由来がバカバカしくて良い。

いろいろな伏線が、収まるべき所に収まっている。
カタツムリ→ナメクジというネタはいつから考えていたんだろう。
千石撫子も元気そうでなによりである。
月日ちゃんのスルー能力の高さには驚かされる。
やはり、この子が一番生命力があるのかもしれない。
まあ、不死鳥だから当然か。

残るところあと1冊。
貝木泥舟のその後が気になる。

[amazonjs asin=”4062838680″ locale=”JP” title=”終物語 (下) (講談社BOX)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。