トレイルランニング楽々入門

トレイルランニング楽々入門 (LEVEL UP BOOK)トレイルを走っていると、どうやって下るべきか迷う。
下りが早くなると楽しさが倍増するという噂だが、止まる自信がないので、どうしても腰がひけてしまう。
正しい走り方を学ぶべく、本を探した。

テクニックの解説の細かさという面では、この本はたいしたものである。
上りの基本で14個、下りの基本で22個の解説がある。
重要なポイントを私なりにまとめると、以下の通りである。

上りの基本
・後ろ足に意識を集中して、とにかくツマ先だけで蹴らないようにする。
・足の裏全体で着地し、足を上げる時はツマ先とカカトが同時に地面を離れるようにする。
・腰から上を前傾させるのではなく、足首から上全体を前傾させるイメージ。
・急斜面では、腕振りと前傾姿勢のキープがポイント。

下りの基本
・自分が恐怖心を抱かないスピードで下って、徐々に慣れたらスピードを上げる。
・地面と体の軸を垂直にするイメージで、気持ち前傾気味に走る。
・「脱力」をしっかり意識する。
・ツマ先をしっかり進行方向に向けて、足裏全体で着地していく。

早く山に入って、このテクニックを試したい。

[amazonjs asin=”4408453528″ locale=”JP” title=”トレイルランニング楽々入門 (LEVEL UP BOOK)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です