卵をめぐる祖父の戦争

卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1838)第2次世界大戦時、ドイツ軍に包囲されたレニングラードに暮らす17歳の少年レフは、窃盗の罪を許される代わりに、軍の大佐の娘の結婚式のために卵を1ダース調達することを命令される。
明るく口が達者な脱走兵コーリャーを相棒として、卵を求めて地獄めぐりが始まる。

当時のレニングラードは、長引く籠城のため物質は枯渇し、市民は日々の食べ物も手に入れられなかった。
そのような過酷な状況であるにもかかわらず、「卵を探す」というミッションが浮世離れしており、小説全体がファンタジーのような雰囲気にもなっている。

食糧が枯渇しているレニングラードの中では、人喰いの夫婦に襲われる。
隣人から鶏を守る老人、爆弾を背負った犬、ドイツ軍に滅ぼされた村に残る幼い娼婦たち、パルチザンと出会い、恋をし、ドイツ軍の捕虜となり、命をかけたチェスの試合に臨む。

平和な国に住む私たちからすると非現実的な事件ばかりだが、戦争が生み出す現実をリアルに描いている。
特に戦争時下の飢えと人間の残虐さは、読んでいて辛い。
本の紙をまるめてキャンディにして舐めるのだ。
味はないが、糊には炭水化物が含まれているからだ。

どこまでも前向きで口が上手く、女好きのコーリャーがいい味を出している。
どんな逆境でも気にすることのない彼だが、ひとつだけ恐れていることがある。
それは後半で明らかになるが、それを知ると彼のことがますます愛おしくなる。
旅の相棒として、素晴らしい逸材である。

最後のセリフには、ニヤリとさせられる。
よく出来た小説だった。

[amazonjs asin=”4150018383″ locale=”JP” title=”卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1838)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です