キョンシー

キョンシー [DVD]懐かしい「霊幻道士」のリメイクのようだがテイストは全く違う。
「霊幻道士」はコメディだったが、こちらはかなり気合の入ったホラーである。
Jホラーの怖さを取り入れながら、中華的な雰囲気とアクションを盛り込んだ作品になっている。
あまり評判は良くないようだが、私は結構気に入っている。

大きいが寂れた団地に、主人公である落ち目の役者が引っ越してくる。
彼は自分の部屋で自殺をしようと試みるが、部屋に棲む地縛霊が現れ、大騒ぎとなる。
違う部屋では、人の良い老婦人が死んだ主人をキョンシーとして蘇らせてしまう。
主人公は先祖が霊幻道士である住民と協力し、幽霊やキョンシーに立ち向かう。

団地の雰囲気がいい。
そこそこ高層で、エスカレータもある現代的な建物なのだが、老朽化したせいで九龍城的な魔窟のようになっている。
建物の内装や置物が中華的なので、日本や西欧とも違う不思議な雰囲気を醸し出している。
「ブレードランナー」のオリエンタル色をもっと強くした美術という感じだ。

製作とした「呪怨」の清水崇が関わっているだけあって、幽霊の見せ方はJホラーに近い部分もある。
しかし、現れてしまってからはCGを屈指した派手なアクションになっている。

この頃は、「パラノーマル・アクティビティ」や「ソウ」の亜流が多いが、「キョンシー」のようなダークファンタジーの方が私は好きだ。

[amazonjs asin=”B00PAEVNCK” locale=”JP” title=”キョンシー DVD”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です