イット・フォローズ

ポスター/スチール写真 アクリルフォトスタンド入り A4 パターンE イット・フォローズ 光沢プリント2015年のアメリカのベスト・ホラー映画らしいが、日本では盛り上がらず、上映館も少ない。
近所の映画館では上映していないので、わざわざ新宿まで見に行った。
夜中の12時近くに終了の回だったにも関わらず、そこそこ人が入っていたのは驚きである。

主人公の女子大生は、ボーイフレンドとセックスしたことで、ある呪いを感染させられる。
何者かが追ってきて、捕まると死ぬのだという。
その何者かは、人間の姿をしている。
病院のガウンを着たお婆さん、裸のおっさんや友達の姿になって追ってくる。
ゆっくりと歩いて来る。
これが怖い。
扉の向こうに居そうで、ドキドキする。
そして、感染者にしか見えない。
ルールは「リング」に近いし、雰囲気はJホラーの影響が大きいように思える。

最後の感染者が死ぬと、呪いはひとつ前にの人に戻るというからたちが悪い。
誰かに感染させても、時間稼ぎにしかならないのだ。

低予算のホラー映画だが、映像は美しい。
独特の質感を感じさせる映像は、ミニシアター系の映画のようである。
舞台となるデトロイトは、空き家や廃墟が多く、神秘的な雰囲気を醸し出している。

音楽もいい。
エレクトリック系の音楽は、ジョン・カーペンターに似ており、恐怖感をうまく盛り上げている。

とても怖いホラー映画だが、青春映画でもある。
感染した女子大生を幼なじみたちが協力して守ろうとする。
狭いグループ内での淡い恋心が痛々しい。
敵を倒すためプールで罠をはるが、たいした意味はなかった。
映像的には美しいのだが。

最後のオチがよく分からなかった。
本国でも、この映画は何を描きたかったかが話題になっていたようだ。
DVDになったら、もう一度観直してみよう。

[amazonjs asin=”B018VLCH82″ locale=”JP” title=”ポスター/スチール写真 アクリルフォトスタンド入り A4 パターンE イット・フォローズ 光沢プリント”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。