シャーロック 忌まわしき花嫁

Sherlock The Abominable Bride シャーロック 忌まわしき花嫁BBCの人気シリーズの劇場版が公開された。
本国イギリスとアメリカでは、元旦のスペシャル番組としてテレビ放送されたようだ。
日本では、本編の前後にメイキングを挟み、尺を伸ばしての劇場公開となった。
ファンサービス満載で、次のシリーズへのつなぎでもある。

最初に、テレビドラマシリーズでよくあるように「これまでの話」の解説が流れる。
BBCのテレビシリーズ「シャーロック」は、現代にシャーロック・ホームズが存在する設定で、この映画は原作通りの19世紀末だから、「これまで」は関係ないだろう、とまず思った。
しかし、これは間違いだった。

原作通り、19世紀末のロンドンを舞台に、シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンの出会いから描かれる。
これが、時代こそ違い、テレビシリーズ版そのままなのだ。
カメラのアングルさえ同じではないかと思う。
実に凝りに凝ったパロディだ。

事件としては、大衆の面前で自殺したはずの花嫁が、死後に夫を殺すというミステリーである。
とても19世紀らしく、コナン・ドイルらしい事件だが、いささか退屈だった。

ここからネタバレ!

実は、全てはシャーロックの頭のなかの世界だった!
シーズン3のラストで、モリアーティの復活により帰国を指示されたシャーロックが、飛行機の中で行っていたある種の妄想だった。
シャーロックは、彼の頭のなかの記憶の宮殿で、19世紀の未解決事件の解決を試みていたのだ。
死んだはずのモリアーティが生きていた謎を解くためのヒントが、その事件にあったと考えてのことだった。
(「記憶の宮殿」とは「羊たちの沈黙」の中でレクター博士が使っていたテクニックである。懐かしい!)
しかし、薬物の過剰摂取により、夢と現実の境界が曖昧になってしまう。
という、メタな構成である。

過去の事件の犯人は、なかなか斬新だった。
しかし、モリアーティ復活のトリックは観客に提示されない。
きっと、次のシーズンで種明かしがされるのだろう。

[amazonjs asin=”B013JBJ7O6″ locale=”JP” title=”Sherlock The Abominable Bride シャーロック 忌まわしき花嫁”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。