インドネシアで快適に滞在するにはコツがある

親日指数世界一の国!  インドネシアで快適に滞在するにはコツがある (B&Tブックス)この頃インドネシアに興味がある。
調べて見ると多くの島で構成されていて、見どころも多い。
出来れば1ヶ月くらいは滞在したい。
ということで、この本を読んでみたが、ターゲットが違ったようだ。

この本は、旅行者向けではなく、駐在員向けのノウハウを解説している。
そこまで長く居る気もないので、現地の学校事情など、興味のないテーマも多かった。

はじめから「道を歩いてはいけない」とアドバイスがある。
インドネシアでは、富裕層は少しの距離でも運転手付きの車で移動するらしい。
現地から見ると金持ちである日本人も、同じように車で移動し、道を歩くものではない、ということだ。
道端では物売りが多く、治安もあまりよくないらしい。
外国の街では、とりあえず歩き倒す私には、厳しいアドバイスである。

あまり語られないインドネシア人のメンタリティについての解説もあり、そういう面では、色々ためになる。

FS(フィジビリティ・スタディ)
各種経済指標、法人税制、外国人所得税制、土地規制、環境規制、経済連携協定(EPA)/自由貿易協定(FTA)締結状況、市場規模、市場構造、消費者動向、インフラ事情、首都圏人工集中率、原材料調達、輸出入規制、各種コスト(土地取得費用、工場建築費用、人件費、事務所家賃、住居家賃、光熱費など)、教育事情、医療事情、政治、宗教・・・。

[amazonjs asin=”4526071617″ locale=”JP” title=”親日指数世界一の国! インドネシアで快適に滞在するにはコツがある (B&Tブックス)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です