非衛伝

悲衛伝 (講談社ノベルス)地球対人類というバカな物語の最新刊である。
本巻でもバカバカしさは絶好調である。
こんなネタを小説にして、なおかつ売れるんだからスゴい。
地球と停戦するために、太陽系の惑星たち及び太陽と交渉するのだ!

西尾維新の本のレビューに関しては、ネタバレを避けるのは諦めた。
ネタバレせずに彼の小説の面白さを伝えるのは、難易度が高過ぎるからだ。
だから、未読の人は、これから先は読まない方が良い。

前巻から少し時間があったので全然忘れていたが、主人公の空々たちは、地球を離れ、人工衛星の中で科学と魔法を統合する実験をしていたのだった。
その衛星の空々の部屋にバニーガールが現れた。
自分は月だが、地球と停戦するために太陽系の惑星たちと交渉するなら段取りをすると言う。
何が何だか、のっけから分からない。

自分の正気を疑いながらも、黙々と実務をこなす空々は、交渉を行うことにする。
交渉する相手は惑星だが、舞台は基本的に衛星の中の小部屋である。
全体的にシュールな会話劇なのだ。

登場する惑星たちの化身は、なぜか全て女の子である。
金星人ではなく、金星そのものが女の子の姿でやってくるのだ。
空々は、様々な手を駆使して、危険なパートナーと一緒に、綱渡りの交渉を続ける。
設定的にも、絵的にもバカバカしいが、内容は政治的な駆け引きのドラマである。
そして、くだらないダジャレが多い。

オチは酷いが、西尾維新らしいとも言える。
早く続きが読みたい。

他の惑星からすれば、地球と人類の戦いなんて、対岸の火事のようなものだろう。
実際には対岸どころではない。
星間だ。

そう、地濃鑿である。
本当に頭のおかしな彼女に会って話すことで、果たして、自分の頭がおかしくなってしまったのかどうかをチェックしようと思ったのだ。

「全会一致なんて幻想を実現させたいのであれば、説得工作は諦めるわ。
まずは全員を一堂に集めて、議論させるーって言うか、対立を煽る。」

[amazonjs asin=”406299089X” locale=”JP” title=”悲衛伝 (講談社ノベルス)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です