ブロックチェーン革命

ブロックチェーン革命 分散自律型社会の出現ブロックチェーンは金融に革命をもたらすらしい。
という噂は聞いていたが、よく分からないので、まとまった説明をしている本を読んでみることにした。
技術的には納得したとは言い難いが、本当に説明されているような機能があるのなら凄いことになる。
影響は金融だけではなく、あらゆる分野に及ぶ可能性がある。

ブロックチェーンとは、暗号化された元帳を複数分散して運用する方法である。
同じ情報が複数の場所にあるので、改竄が難しくなる。
インターネットでは難しかった「信用」を補填できるのだ。
インターネットは情報の伝達コストを限りなくゼロに近づけたが、ブロックチェーンを利用することで、価値の交換も手軽に出来るようになる。

情報が信用できるということは、相手を信用する必要がなくなる、と言うことだ。
現在は、「信用」のために、銀行のような巨大な組織が必要だが、それが不要になるのだ。

相手の信用度を確認する必要がなくなると、まず「送金」が楽になる。
次に、決済が早くなり、回収できないリスクが下がる。
影響はそれだけではない。
資産の登記、シャアエコノミーやIoTなど、信用が必要なあらゆる分野に影響が及ぶ。
多くの仲介業者が不要になり、パラダイム・シフトが起こる。

しかし、大手銀行などが、プライベート・ブロックチェーンを導入するだけだと、業務の効率化にはなるが、パラダイム・シフトには至らない。

ひょっとしたら、数年後には今とは全く違う世界で生活することになっているかもしれない。

もし悪意のあるXが、「CからDへの送金」とある取引記録を「CからXへの送金」に書き換えたとする。こうすると、当該ブロックから計算されるハッシュは、元の値とは違うものになり、要求された条件を満たさなくなる。したがって、そのプログラムのナンスを計算し直す必要がある。
このブロックのナンスが変わると、つぎのブロックに入力するハッシュが変わるので、そのブロックのナンスも書き換える必要がある。しかし、ナンスを見つけるには、膨大な労力が必要だ。しかもいまの場合は、改竄した取引を記録したブロックから最新のブロックに至るすべてのブロックのナンスを計算し直さなければならない。そんなことは、世界中のコンピューターをつなげてもできないだろう。

[amazonjs asin=”4532357195″ locale=”JP” title=”ブロックチェーン革命 分散自律型社会の出現”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です