ロバート・アレンの実践!億万長者入門

ロバート・アレンの実践億万長者入門 ― 生涯続く無限の富を得る方法この本は、資産形成に関する古典である。
お金に関する多くの著作が、この本の影響を受けている。
内容的には古いところもあるが、根本的な考え方は今でも有効だと思う。
ただ、著者が強力に推している不動産投資は、敷居が高いと感じてしまう。

この本で推奨している「7つのマネースキル」とは、以下の通り。
・分かち合う
・守る
・稼ぐ
・投資する
・蓄える
・コントロールする
・価値を知る

特に「分かち合う」については、あのロックフェラーが子供たちへ、その重要性を教育したという。
今の私には、実感できないが、きっと重要なことなのだろう。

お金持ちのなる秘訣は、無駄な出費を減らし、多くの収入源を持つことだ、と本書では主張している。
そのために望ましい収入の流れを見極めるフィルターが次の「マネーツリー・フォーミュラ」である。
・複数の収入の流れ
・突出しているもの
・頭金なし
・従業員不要
・利益性が高い
・トレンド&タイミング
・一生型
・すべての人にとって毎日必要不可欠なもの
・熱意

また、「起業のための7つのステップ」も提案している。
1.あなたの専門・情熱に合うテーマを見つける
2.その湖でもっとも飢えた魚の群れを見つけ出す
3.あなたの魚が、これまで食いついてきた餌が何かを知る
4.独自の餌をデザインする
5.餌を試す
6.大々的な広告キャンペーンを行う
7.第2の輪にある方法を新たに2つ試してみる

内容的に聞いたことのあるものも多いが、きっとこの本がオリジナルなのだろう。
後半は、不動産による資産形成の話になるが、試してみるには手持ちの資金や知識が必要で、どうしても敷居が高いと思ってしまう。

「セックス」「お金」「自己尊厳」「健康」「神」「人間関係」「美容」。あなたの情報は、これらの普遍的なニーズ・ウォンツに対し、的を射た餌をタイムリーに提供できるものであればよいのです。

目標は、最低6本の収入の流れの管理を、1日1時間でやってしまうことです。

[amazonjs asin=”4894511258″ locale=”JP” title=”ロバート・アレンの実践億万長者入門 ― 生涯続く無限の富を得る方法”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。