バッタを倒しにアフリカへ

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)貧乏昆虫学者のアフリカにおけるバッタ研究の冒険。
研究者の生活がいかに大変か知ることが出来ると共に、研究者の現代の冒険が楽しめる。
バッタの生態についての記述が少ないと思ったら、そちらは別の本があるようだ。

著者は、ファーブルに憧れて昆虫学者を目指したが、現実は厳しく、博士号を取っても就職がない。
それでも助成金を獲得し、期間限定でアフリカにバッタのフィールドワークに向かった。

バッタは群れをなして移動し、何でも食べつくす。
天を覆い尽くすようなバッタの群れは、農作物へ壊滅的被害を与え、国の経済に影響を及ぼす。
しかし、その生態には不明な部分も多く、有効な対策が打てずにいる。

子供の頃からバッタに興味を持ち、バッタの群れに食べられたいとまで思っている著者は、単身アフリカへフィールドワークに向かう。
しかし、思ったようにバッタは現れず、研究資金は乏しくなるばかり。

そんな彼の研究生活を描いた本書は、基本的にポジティブで、現代の冒険物語として楽しめる。
アフリカの人々との文化の違いや交流、実験の失敗など、本人は大変だったろうが、読者としては面白い経験にしか見えない。
昆虫の研究だけしていれば幸せ、という著者の想いが伝わってくる。

後半は、いかに継続的研究のための立場を獲得するかが描かれており、ビジネス書として読むこともできる。

日本人がバッタの群れを制御する方法を発見し、アフリカを救ったら、とても素晴らしいことだろう。

[amazonjs asin=”4334039898″ locale=”JP” title=”バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です