カメラを止めるな!

【映画パンフレット】カメラを止めるな! ONE CUT OF THE DEAD制作費300万円で、2館上映の予定が口コミで評判が広がり、全国へ展開している、という噂は聞いていた。
行きやすい映画館で上映されていなかったが、ついに近所で公開されたので観てきた。
多くのところで、警告されていたので、前情報は無しで。
面白かった。
こういう映画の作り方もあるのだと感心した。

公開されてから結構時間もたっているし、ネタバレなしには感想が書けない映画なので、ここからはネタバレを含みます。

ゾンビ映画を撮影したら、本物のゾンビが現れた!
大喜びで監督は撮影する。
最後に生き残ったキャストを俯瞰しながら映画は終わる。

気合の入った自主制作映画だなあ、と思っていたら、ここからが本番だった。
実は、ゾンビ専門チャネルのための、編集なし、リアルタイム配信のためのテレビ番組だったのだ。

リアルタイム配信なので、カメラを止めるわけにはいかない。
これが「カメラを止めるな!」がタイトルである理由だ。
撮影中の様々なトラブルを乗り越え、スタッフとキャストの必死の努力で撮影を続ける。

前半で観たゾンビ映画の、不自然なカットやおかしな間の意味が、後半ではじめて分かる。
とにかく可笑しい。
久しぶりに映画館で声を出して笑った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です