絶対に出る世界の幽霊屋敷

絶対に出る 世界の幽霊屋敷ナショナルジオグラフィック社が出しているだけあって、あまり煽情的な本ではなかった。
その分、あまり怖くない。
写真集としては美しい写真もあるのだが、もっとおどろおどろしい方が楽しめた。

この本では、世界の心霊スポットを以下のカテゴリーで紹介している。

・城と要塞
・墓地
・ホテルと公共施設
・家、屋敷、宮殿
・工場
・病院、刑務所
・宗教施設
・町、都市、島

「工場」というのが、なかなか新しい。
キングの「シャイニング」の舞台であるオーバールックホテルの元になったホテルも紹介されている。
有名なウィンチェスター・ミステリー・ハウスの扱いが小さかった。
なかでも一番怖かったのは、「人形島」である。
観光客がやってきては自分の人形を木に吊り下げて帰るので、恐ろしいビジュアルになっている。

「バーンガル砦 インド、ラジャスターン
インドきっての幽霊スポット。砦の建設によって住居が日陰になってしまったサドゥー(ヒンドゥーの聖人)の呪いがかかっていると言われている。
姫の気を引くために作った惚れ薬の魔法が岩にかかり、押しつぶされて死んだ魔術師の呪いだという説もある」
一番最初に紹介される心霊スポットがこれである。
呪いの原因があまりにショボい。

[amazonjs asin=”4863134037″ locale=”JP” title=”絶対に出る 世界の幽霊屋敷”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です