英単語の語源図鑑

英単語の語源図鑑知らない英単語のイミのあたりをつけるには、単語を分解してみるのが良い。
英文解釈には、日々使っている方法だ。
そのためには、引き出しがたくさんあるといい。
この本を読むと、英単語を分解した時の各パーツの意味の知識が増える。
ただ、例外も多く、同じ文字でも全く逆の意味の場合もある。
これが難しい。

この本は、すべての単語について、意味をイメージさせるイラストが必ずついているのが良い。
ただ、強引な例もあり、混乱してしまうこともある。

本書の構成は、以下のようなパターンである。
「ad-」は、「〜の方へ、〜の方を」を意味する。
「ad-」を使った例として「administer(治める、執行する、仕える)」を提示している。
そして、後ろのパーツとして「mini(小さい)」をピックアップしている。
その関連として「minisert(大臣)」を上げている。
「minister」の語源は「(国民に)仕える小さな人」だそうだ。
分かるような、分からないような語源である。

例によっては、納得ができ、語源が分かった楽しいが、場合によっては混乱する。

イチから自分で語源を調べれば、かなり覚えられるだろう。

[amazonjs asin=”4761273453″ locale=”JP” title=”英単語の語源図鑑”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。