グリーンブック

アカデミー賞も受賞し、なかなか評判の良い映画である。
ユーモラスで楽しい大人のロードムービーだった。
黒人差別がテーマだが、それほど悲壮感はなく、主人公2人の友情が清々しい。

黒人差別が色濃く残る1960年代のアメリカ、天才ピアニストのドクター・シャーリーは、南部とツアーのドライバーとしてクラブの用心棒であるトニー・リップを雇う。
全く世界の違う2人は、ことあるごとに衝突していたが、お互いの本性を知るにつれ、友情が育まれていく。

この手のバディものの常として、最初は明らかに衝突するものと思っていたが、それほどでもなかった。
トニーは黒人への偏見はあるものの、仕事と割り切って、態度に出すことは少なかった。
それどころか、イタリア系の用心棒だが、トラブルバスターとして有能な面を最初から出しており、頼れるオッサンという感じだった。
南部の町の人々の差別意識が酷く、トニーがドクター寄りになっていくのもよく分かる。

ユーモラスな映画で、楽しいシーンはたくさんあるが、ケンタッキー・フライドチキンのくだりが最高である。
ケンタッキーに入ったので喜んでフライドチキンを食べるトニーだが、彼に勧められても手づかみで食事をしたことのないドクターは戸惑う。
しかし、食べてみると美味しく、残った骨はどうするか、とトニーに聞くと、彼は車の窓から骨を投げ捨ている。
それを真似るドクターが、とても楽しそうである。

重いテーマを背景にしながらも、ユーモラスで感動的な、万人に勧められる映画だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。