スタンフォード式 最高の睡眠

いろいろと書いてあるが、結論としては、「睡眠は量よりも質が重要」だということ。
そして、最初の90分の質が良いかどうかが問題だ、ということに尽きる。
そのためのノウハウがいろいろ解説されている。

スムーズな入眠には、深部体温と皮膚温度の差が縮まることが重要らしい。
また、脳が興奮していると、体温が下がりづらい。
この2つをコントロールすることで、最高の睡眠が実現できるようだ。

ひとつの方法は寝る前の入浴である。
寝る90分前に入浴をすませておけば、その後さらに深部体温が下がっていき、皮膚温度との差も縮まり、スムーズな入眠ができる。
寝る90分前に入浴が無理な場合、深部体温を上げすぎないようにシャワーで済ませるのがいいようだ。
足湯でもシャワーと同様の効果がある。

しかし私たち眠りの研究者は、睡眠が足りていない状態を、「睡眠不足」ではなく「睡眠負債」 という言葉を使って表現する。借金同様、睡眠も不足がたまって返済が滞ると、首が回らなくなり、しまいには脳も体も思うようにならない「眠りの自己破産」を引き起こすからだ。

いつもどおりのベッドで、いつもどおりの時間に、いつもどおりのパジャマを着て、いつもどおりの照明と室温で寝る。入眠前に音楽を聴くならいつも同じ単調な曲。

戦略を練らないと「早寝早起き」は難しい。 就寝時間の前倒しは困難 なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。