町山智浩・春日太一の日本映画講義 時代劇編

映画評論家の町山智浩と映画史・時代劇研究家の春日太一の2人による時代劇に関する対談である。
ほとんどの映画が、名前こそ知っているが、観たことのない作品だった。
それぞれを観てみたいとも思うが、それよりもリアルタイムに観てみたかった。

本書で取り上げられている作品は以下の通り。
・「七人の侍」
・「宮本武蔵」5部作
・「剣」3部作
・「子連れ狼」シリーズ
・「竜馬暗殺」「浪人街RONINGAI」
・「御用金」「人斬り」

観たことのあるのは「七人の侍」だけだった。
作品の内容に関する解説よりも、その時代の日本映画の状況の説明が面白い。
いま観ても面白い作品なのだろうが、リアルタイムに日本映画の状況を知りながら観たら、もっと楽しめたと思う。

町山 このシーン、「機動戦士ガンダム」のジェットストリームアタックの元ネタと言われています。マッシュ、ガイア、オルティガがドムで襲ってくるうあつですね・
春日 「子連れ狼」の場合は忍者が仲間を踏み台にしているわけですけどね。
町山 拝一刀に脳天に叩き込まれた刀を頭に挟んで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です