ゾンビ究極読本

ゾンビマニアのための同人誌のような本である。
ゾンビと言っても、ゾンビ映画の始祖であるジョージ・A・ロメロのゾンビ映画のみが対象である。
私もロメロのゾンビ映画が好きだか、ここまでマニアックだとついていけない。

とにかく細かい。
ロメロのヒット作であり「ゾンビ(Dawn of the Dead)」のショッピングモールの各ショップの歴史や、出てくる小物の解説から始まる。
さすがに、ここまで細かいことに興味はない。
本当のマニアのための本である。

「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」「ゾンビ」「死霊のえじき」からなる初期3部作だけでなく、「ランド・オブ・ザ・デッド」「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」「サバイバル・オブ・ザ・デッド」の後期3部作についてもインタビューを交え、解説している。
しかし、後期3部作は、やはり好きになれない。
製作の背景を知っても、気持ちは変わらなかった。

ここまでマニアックな本が出版され、一般の書店で販売されているのは驚きである。
どれだけ売れたのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です