ドクタースリープ


伝説のホラー映画「シャイニング」の40年ぶりの続編である。
小説の続編でもあり、映画版の続編でもある。
「シャイニング」の小説と映画版には、実は複雑な関係がある。
この映画は、2つの違いをうまく取り込み、どちらのファンも楽しめる作品に仕上がっている。

「シャイニング」の原作者であるスティーブン・キングは、キューブリックによる映画版が嫌いだ。
映画版を「エンジンのないキャディラック」と呼び、自ら再度映像化したくらいだ。
一番の原因は、父親であるジャックの描き方だと言われている。
ジャック・ニコルソン演じる映画版の父親は、幽霊たちにそそのかされて家族を殺そうとする狂人として描かれている。
原作では、家族を殺そうとしつつも、家族を愛する父親である。
この父親は、売れなかった時代のキング自身が投影されており、だから映画版の描き方が気に入らなかったらしい。

「ドクター・スリープ」は、映画版の続編になっている。
しかし、小説版のエッセンスも取り込んで、うまくまとめ上げている。

「シャイニング」で生き残った少年ダニーは、成人になっていた。
父親のようになりたくない、という想いとは裏腹に、父親と同じくアルコールに溺れ、自堕落な生活を送っている。。
ある町での出会いにより、彼は立ち直ることになる。

もうひとりの主人公は、シャイニング(超能力)を持つ少女。
彼女は、その能力で、子供のシャイニングを食べて殺す集団の存在に気づく。
そして、その強力なシャイニング故に、集団にも狙われることになる。
彼女は、ダニーに助けを求め、恐ろしい集団との戦いが始まる。

オープニングでベルリオーズ幻想交響曲が流れるだけで、「シャイニング」のファンにはたまらない。
この映画では、随所にファンに対するサービスが散りばめられている。

映画は、原作の「ドクター・スリープ」と違うところも多い。
たとえば、最後の舞台になるオーバールックホテルである。
小説版の「シャイニング」では、最後にホテルが爆発してしまうが、映画版では残っている。
そして、今回のラストで、ホテルは爆発する。
また、キングが気にしていたであろうジャックとダニーの親子関係も、ダニーが父を許すことで小説版に寄せている。

超能力の描き方も面白い。
また、シャイニング使いの師匠と弟子の関係や死後の生など、色々と泣かせてくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です