あと3ヵ月でどうにかお金を稼ぎたいと思ったらスモールビジネス戦略だ!

あと3ヶ月でどうにかお金を稼ぐ!というシンプルな目標を実現するための本である。
この本では、スモールビジネスを成功させるためのビジネスを選択する方法、お客を見つける方法、そして失敗しない方法。
方法としては納得できるが、実際にやってみないと分からない。
お金を稼ぐ確実な方法は、とにかく実行することだ。

まずは、タネ銭を作ること。
お金がなければ、何も始まらない。
その気になれば、お金を稼ぐ方法はいくらでもある。

スモールビジネスの原則は、リスクを管理し、シンプルに徹することだ。
取り返しのつかない失敗をしない。
小さくても確実にお金を稼ぐ。
大勝せずとも負けない経営が必要になる。
できれば、やることは1つの事柄に絞る。
そのためには、やりたくないことを明確にするのが有効だ。

「ビジネスを選択する判断基準」
1.売上を出しやすく、利益を多く残せるか?
2.資金の回転スピードは早いか?
3.リピート性は高いか?もしくは生み出しやすいか?
4.少資本で立ち上げられるか?
5.優位性を築くことができるか?
6.コントロールできない要素を排除できるか?
7.マンパワーに頼り切らず仕事を回せるか?
8.集客はスムーズに行えるか?
9.市場規模はどうか?
10.ビジネスモデルは確立しているか?確立させられるか?

顧客へのアプローチには、3つの不安と4つの意識を考慮すると良い。

「3つの不安」
・騙されたくない
・失敗したくない
・損したくない

「4つの意識(状態)」
・無知
・無関心
・問題意識
・痛み

商品中心のビジネスを考えるよりも、その商品がどのようにお金にかえられるか?を考える。
売れる力があれば、商品は何でも良い。

そして、様々な方法のテストを行い続ける。

人は多くのことを一度にやろうとすれば、力が分散してしまいます。だから、お金に直結させることを最優先とし、お金を稼ぎ出すことに集中して結果を追い求めてください。

「ひとつの商品やサービスから、お金になるポイント」を私は、キャッシュポイントと呼んでいます。  
スモールビジネスでは、このキャッシュポイントが多ければ多いほどビジネスを安定させることができるのです。

「本当に稼げる人と稼げない人の差は何か?」と聞かれれば、突き詰めていけば、「自分は稼いで当然」という、セルフイメージを持てているかという点ではないかと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。