自分を操る超集中力

メンタリストは詐欺師だと思っていたが、なかなかどうして、良くまとまっている本だった。
有名な学説をベースに読みやすい粒度でまとめられている。
初心者でも、理解し、自分なりに生活に適用できそうだ。

この本では、集中力を維持するための脳の力を「ウィルパワー」としている。
集中力を維持するためには、いかにしてこのウィルパワーの消耗を避けるかがポイントになってくる。
ひとつの方法として「決定つかれ」を避けることだ。
行動をルール化して、決定を減らす。
スティーブ・ジョブズがやっていたように、毎日着る服を決めておくなどである。
習慣化するのも有効である。
行動についていちいち決定せず、小脳にに任せて、機械的に実行する。

集中力を高める方法として、次のような方法が提案されている。
・仕事は時間で区切る。
 制限がある方が集中力は高まる。
・環境の「強制力」を利用する。
 机のまわりから不要なものを片付ける(スマホはしまう)。
 持ち物を減らす。
 集中したいもの以外は何もない部屋が理想。

その他にも、試してみたくなる様々なテクニックが紹介されている。
・正しい姿勢をたもつ。
 血流が良くなる。15分に1度立ち上がる。
・間食を摂る。
 ナッツが良い。1〜2時間に1回コップ1杯の水を飲む。
・やるべきことを残さない。
 心配事は脳に負担となる。
・運動による脳のリセット。
 5分でも良い。
・15分のパワーナップ(仮眠)をとる。
・簡単な作業から入り、脳にエンジンをかける。
・超早起き
 20時半に寝て、4時に起きる。人間に一番あっているサイクル。

「フロー体験をするための主な条件」
・ちょうどいい難易度のものに取り組んでいる。
・取り組んでいる対象へのコントロール感覚がある。
・直接的なフィードバックがある。
・集中力を妨げる要素をシャットアウトされている。

朝おこなうべき7つの行動
・早起きして、朝食を摂る。
・グリーンエクササイズなどで、朝日を浴びながら軽く汗を流す。
・モチベーションの上がる話題や言葉、詩に触れる。
・毎日1つ、ノートやパソコンなどに日常の幸せへの感謝を書き留める。
・毎日、「今日が人生最後の日ならどうする」と自分に問う。
・その日の計画を10分以内に立てる。
・短時間の瞑想をする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です