夏の雷鳴

キングの短編集後半戦。
バラエティに富んでおり、普通小説やホラー、楽しめる作品やわけの分からない作品が収録されている。
以下は、レビューというより、読んだことを思い出すための自分に対するメモである。

「ハーマン・ウォークはいまだ健在」
不幸な事故の当事者たちの主観による記述。
彼女たちの人生が厳しいものだったのは分かるが、それを小説で読みたいものでもない。

「具合が悪い」
ロバート・ブロックあたりが書きそうな、ワンポイント・アイディアの奇妙な小説。
エドガー・アラン・ポーの「黒猫」のようなティストもある。
オチは最初から分かっているので、後は作者の力量を楽しむだけ。

「鉄壁ビリー」
懐かしい雰囲気の野球小説。
でも、最後は陰惨である。

「ミスター・ヤミー」
ゲイとAIDS、そして老人と死の話。

「トミー」
60年代についての詩である。
私は生まれたばかりであり、その時代に生きていたわけではないので、この詩は理解できなかった。

「苦悶の小さき緑色の神」
苦痛についての小説であり、キングにかかると、この感覚がとてもリアルに伝わってくる。
苦痛と悪魔払いという組み合わせが面白い。

「異世界バス」
バスで移動する際に見た幻想。

「死亡記事」
死亡記事を書くと、実際に人が死ぬ、「デスノート」みたいな話。
同姓同名の人間も死ぬことが判明し、大変な事態になる。

「酔いどれ花火」
2つの家の争いがエスカレートし、花火合戦になっていく。
なんだそれ。

「夏の雷鳴」
終末後の世界での犬とバイクを相棒とした生活。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。