劇場版呪術廻戦0

驚くほどのカッコ良さと濃いキャラクターで、TV版の「呪術廻戦」にハマっている。
「鬼滅の刃」の良さはわからないけど、「呪術廻戦」は毎週楽しみ。
その劇場版は、TV版より前の話である。
TV版の1年くらい前なので、馴染みのキャラも少し若い。
面白かったけど、TV版の方が戦闘シーンが盛り上がって気がする。
主人公が生真面目過ぎる。
私としては、TV版のバカっぽさが好きだ。

主人公である乙骨憂太の声がエヴァのシンジ君で、性格もシンジ君だった。
シンジ君にしか見えなくなったしまった。

特級呪霊に呪われた憂太が、その力を使って戦う設定は良い。
特級呪霊は、幼い頃に結婚を約束し、その後で事故で死んだ憂太の友達里香である。
想いが募って呪霊になったのか、憂太に害をなすものは許さない。

夏油との戦いで、里香を利用していると言われたのに対し、
憂太が「純愛だよ」と言い放つのがカッコいい。

百鬼夜行の描写がバタバタしていて、今ひとつだった。

夏油が死んだような描写だが、彼はTV版にも敵として出ている。
どうなったんだ?
最後のシーンで五条と憂太と敵の怪しい外国人がケニアにいるのはなぜ?
面白かったが、いろいろと疑問が残る。
TV版をまじめに観ていれば、そのうち分かるのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。