「ユーモア」タグアーカイブ

のうだま2 記憶力は年齢とともに衰えるなんてウソ!

タイトル通りの本だった。
年齢とともに記憶が衰えるわけではないと知って、少し安心した。
その他にも暗記のための科学的に根拠のあるノウハウが紹介されている。
あっという間に読み終わった。
続きを読む のうだま2 記憶力は年齢とともに衰えるなんてウソ!

大怪獣のあとしまつ

退治された怪獣の死体は、どのように始末されるのだろう?
という疑問がこの映画のテーマである。
「時効警察」の三木監督なので、当然コメディである。
ただ、舞台が大きすぎる上に、主演の二人が普通に主演をはれる人気俳優なためか、三木監督得意の不条理なギャグがうまくハマっていない気がする。
続きを読む 大怪獣のあとしまつ

ゴーストバスターズ・アフターライフ

映画館に、ゴーストバスターズのコスプレをしている一家が居た。
知り合いのような気がするが、怖いので声をかけなかった。

ゴーストバスターズの孫娘が主人公のこの映画は、あまり期待していなかったが、面白かった。
本家よりも面白かったくらいだ。
映画館で映画を観ると、家で観るより迫力のある音で楽しめるのも良い。
続きを読む ゴーストバスターズ・アフターライフ

ワニの町へ来たスパイ

捜査で大立ち回りを演じて命を狙われることになったCIAの女スパイが、ルイジアナの田舎に身を潜めることになる。
ところが到着した途端に家の裏から死体が発見され、事件に巻き込まれる。
のんびりした南部で退屈するはずが、町を陰で仕切る婆さん達のグループと探偵をするハメになる。
続きを読む ワニの町へ来たスパイ

翼を持つ少女 BISビブリオバトル部

ビブリオバトルがどういうものか、初めて知った。
この本のルールでは、自分が紹介したい本を数分間でプレゼンし、発表者と聴衆で、一番読みたい本に投票するシステムらしい。
プレゼンの後には質疑応答もあり、発表者は質疑応答も有効に使いポイントを稼ぐ。
学生時代にやった読書会とはまったく違い、スポーツのような雰囲気もある。
これは楽しそうだ。
続きを読む 翼を持つ少女 BISビブリオバトル部

ゴーストハント7

十二国記や屍鬼で有名な小野不由美は、このゴーストハント・シリーズで先に有名になっていたとは知らなかった。
たまたま配信でアニメ版を観たが、最終巻でである7巻だけがアニメ化されてなかったので、気になって原作を読んでみた。
様々な謎が解明される、この最終巻は是非アニメ化して欲しい。
続きを読む ゴーストハント7

メインテーマは殺人

「カササギ殺人事件」でミステリー界を騒がせたアンソニー・ホロヴィッツの新作だ。
「カササギ殺人事件」のようなアクロバットな構成ではなく、今回は新しいホームズ&ワトソンによる正統なミステリーである。
謎解きそのものよりも、デコボココンビの関係が面白い。
きっとシリーズ化して、売れ続けるのだろう。
続きを読む メインテーマは殺人

サリーはわが恋人

アシモフのユーモア短編集。
アシモフの小説はすべてが面白いと思っていたのだが、この短編集はしっくり来なかった。
アシモフほどの才人でも、そういうことはある。
各編のはじめにあるアシモフの語りが面白い。
彼が、どういう心持ちで小説を書いていたかがよくわかる。
続きを読む サリーはわが恋人

われはロボット

「銀河帝国は必要か?」で、アシモフの作品について解説されていたのを読んで、俄然読み直してみたくなった。
こどもの頃に読んだはずだが、いい感じに忘れているので、今読んでも楽しく、発見がある。
ちょうどKindleで安く買える作品で多いので、この機会にコンプリートを目指してみたいと思う。
まずは、ロボットSFの古典にして、始祖とも言えるこの短編集からだ。
続きを読む われはロボット