GANTZ映画版

GANTZ [DVD]ついに「GANTZ」が実写化された。
ファンとしては、観ておかなければならない。
頑張っているのだが、いくらなんでも時間が短すぎた。

主人公の玄野は嵐の二宮君、友人の加藤は松ケンと、役者もなかなかイイ。
日本映画にしては特撮のセンスも良く、仏像のCGなどリアルに描かれている。
演出的にも無駄がなく、退屈はしなかった。

しかし、物足りない。
やはり「仏像編」までを2時間弱で描くのは無理がある。
ストーリー上重要な部分だけを抽出すると、どうしてもエピソードが零れ落ちてしまう。
色々な背景を持ちながら、争いに巻き込まれ死んでいった脇役達の物語が削られたことによって、物語の深みが失われた気がする。
人間の醜さや寂しさが、そこに描かれていたような気がする。
時間的に、まず無理なのはわかっているのだが・・・

ちなみに、一緒に映画を観た友人は、原作を読んでいなかったので、話がよく理解出来なかったようだ。

2作目は、全くのオリジナルらしい。
マンガ版がちゃんと終わるか不安なので、映画版だけでもオチのつくことを期待している。

[amazonjs asin=”B004X5091S” locale=”JP” title=”GANTZ DVD”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です