「ノンフィクション」カテゴリーアーカイブ

のうだま2 記憶力は年齢とともに衰えるなんてウソ!

タイトル通りの本だった。
年齢とともに記憶が衰えるわけではないと知って、少し安心した。
その他にも暗記のための科学的に根拠のあるノウハウが紹介されている。
あっという間に読み終わった。
続きを読む のうだま2 記憶力は年齢とともに衰えるなんてウソ!

mRNAワクチンの衝撃

新型コロナのワクチンとして驚くべき速度で開発されたmRNAワクチンの開発ドキュメントである。
一般にはファイザーが開発したと思われているが、実はドイツの製薬ベンチャー・ビヨンテックが開発し、提携したファイザーが試験の支援とデリバリーをしている。
ワクチン開発の大変さがよく分かった。
続きを読む mRNAワクチンの衝撃

複利で伸びる1つの習慣

習慣についての本はいくつも読んでいるので、知っている手法に出会うことが多い。
この本もそうだったが、面白い視点もあった。
まずは、目標を立てるのが重要ではなく、仕組みを作るのが重要だとしているところだ。
多くの本では目標を立てろと言っているが、この本では目標は一過性のものに過ぎず、仕組みこそが永遠だとしている。
野球選手は誰もが優勝を目標とするが、それでパフォーマンスが上がるわけではない。
続きを読む 複利で伸びる1つの習慣

オトナ留学のススメ

芸能人の留学の例を中心としているのは、自分とは距離を感じてしまう。
定年直前とか、定年後に特化した本があっても良いかもしれない。
留学にも様々な目的とタイプがあって面白い。
リフレッシュ目的などもある。
何度も行くのも、良いようだ。
老後に、毎年違う国で留学するのも良いかもしれない。
コロナが終わったら、試してみたい。
続きを読む オトナ留学のススメ

最高のランニングのための科学

ランニングという動作は複雑な筋肉、筋膜、骨格の組み合わせで、間違いなく動かす、すなわち正しいフォームであることが重要である。
速さを追求するのではなく、快適なくらいのストレスで続けるのが良い。
ランだけでなく、食事やコミュニティなど、健康に過ごす事全般が解説されている。
とりあえず軽く読み切ったが、最初からドリルを試してみたい。
ベアフットランを推進しているので、シューズを替える必要があるか?
続きを読む 最高のランニングのための科学

エッセンシャル版行動経済学

行動経済学について、幅広く解説されている。
行動経済学について興味があり関連する本を読んでいるので、当たり前だが、ほとんどは知っていることだった。
このような俯瞰的な本を読むのは知識の整理には良いのだが、刺激に乏しい事は否めない。
どのように本を選べば良いのだろう?
やはり、その分野の歴史をおさえた上で、最新の理論を読むべきなのだろうか?
行動経済学のマクロ的利用の限界が語られているのが、目新しかった。
続きを読む エッセンシャル版行動経済学

世界史は化学でできている

化学の発見が人間の生活に与えた影響を歴史的視点で解説している。
日常には化学の成果によるモノが溢れているが、その原理はほとんど知らない。
化学の知識を増やしたいものだが、あまりにも多岐に渡り、どこから手をつけたものか?
また、名称が覚えづらいものばかりなのもハードルを上げている。
続きを読む 世界史は化学でできている

しないことリスト

やらなければいけないことが溢れる現代において、あえて「しない」ことでストレスを減らす。
著者の経験による、そのための「リスト」である。
同意できないところもあるが、全体的には納得できる。
とかく人間は真面目すぎるきらいがある。
なんか、癒される本だ。
続きを読む しないことリスト