ビブリア古書堂の事件手帖5

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)このシリーズの良いところの一つは、江戸時代の古書ではなく、私も同時代として経験している古典を扱っていることだと思う。
今回のネタにも「ブラックジャック」がある。
当然、手塚治虫の漫画だ。

またも古書に関わる謎が、ビブリア古書堂を訪れる。
今回のネタは、古本専門誌の「彷書月刊」、ブラックジャック、寺山修司の「われに五月を」。
それぞれに、家族の想いが絡んだエピソードである。

しかし、それよりも読者の興味は、栞子さんと大輔の恋の行方と、栞子さんとお母さんの関係だろう。
どちらも、きっちり進んでいる。
栞子さんのダークサイドが、今後どのように暴走するか楽しみだ。

[amazonjs asin=”4048662260″ locale=”JP” title=”ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。