MTBにスタンドを付ける

スポーツバイクにはスタンドを付けない美学もわかる。
しかし、街中で買い物するには不便である。
と言うわけで、MTBにスタンドを付けることにした。

ダート戦用の愛車ブルーリバティは、とても頑丈そうなフォルムである。
フレームの形が変わっているので、普通のスタンドは付けることが出来ない。

以前から付けていたスタンドは、ガタが来て、用をなさなくなってしまった。
色々探した末、後輪のクイックリリースに付けるスタンドを発見した。

分かりにくい説明書と格闘して、なんとかスタンドの取り付けが完了した。
しかし、プラスチックの出っ張りで固定しているだけなので、強度に不安がある。
また、後輪を外して分解する時に、部品が増えている分、面倒になった気もする。
まあ、しばらく使ってみよう。

P.S.正丸峠を攻めようと、正丸駅まで行ったが、雨が降り出したので勇気ある撤退をした。
次回は、必ず征服するつもり。

MTBStand

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です