発想法入門

発想法入門 (日経文庫)新しいアイディアが欲しい時に、机でうなっていてもなかなか良いアイディアは生まれて来ない。
本書ではアイディアは才能ではなく、方法で生み出すものだとしている。
数多くの発送法が紹介されている。
ひとつひとつの解説は短いが、気になる方法は自分で調べれば良い。
本書でも強調しているが、まずは試すこと、そして自分に合った方法を見つけ出すしかない。

本書では、次の発想法が紹介されている。

【分析した情報から発想する方法】

欠点列挙法
希望点列挙法
形態分析法

【連想して発想する方法】

カタログ法
刺激語法
システム・アナロジー
NM法
擬物化法
タウン・ウォッチング法
アルファベット・システム

【図を描いて発想する方法】

マインドマップ
マンダラート
ワード・ダイヤモンド
ストゥーパ発想法
ポジショニング法
関連樹木法

【発想を転換させる方法】

チェック・リスト法
逆設定法
仮説状況設定法
キャスティング法

その他にも、「ブレインストーミングとその応用」「アイディアを収束させていく方法」「アイディアが出やすい雰囲気を作る方法」が紹介されている。

この中では、次の方法を試してみたいと思った。

形態分析法
発想する対象の構成要素を挙げ、各要素の変化の可能性を洗い出す。出てきたものすべてを組み合わせて、アイディアを発想する。

カタログ法
イメージが広がりそうな画像を用意し、それを見ながら発想する。

刺激語法
刺激を受けそうな言葉を書いたカードを作り、かき混ぜて引き、出てきたカードから連想して発想する。

ワード・ダイヤモンド
キーワードを4つ挙げ、その2つずつの組み合わせに対してアイディアを考える。

逆設定法
発想したいものに関する今までの常識を列挙し、それらを逆転して、アイディアを発想する。

635法
6人のスタッフが、3つずつのアイディアを5分で考えて紙に書き、順次隣に回していく。

睡眠発想法
枕元に紙と筆記用具を用意する。無理に寝ようとせず、アイディア発想をしようとしている課題を、あれこれと思い描きながら夢うつつの状態になる。何か思いついたらすぐにメモをする。

[amazonjs asin=”4532110777″ locale=”JP” title=”発想法入門 (日経文庫)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です