SPEC 天

劇場版 SPEC~天~ スタンダード・エディション [DVD] 待ちに待った「SPEC」の映画版である。
「ケイゾク」の例もあるので、グダグダになる心配もあった。
しかし、まあ、面白かった。
当然、「欠」も観る。

観ていない人のためには、ネタを明かさないために、ほとんど感想を書けない困った映画である。
しかし、これだけ続編を前提として、続編制作を熱望する映画も珍しい。
映画を2本作れば、物量的には「ケイゾク」を超えることになる。

テレビ版スペシャルの「翔」も面白かった。
当麻の左手にあんな秘密があったなんて、本当に最初から考えたいたのか?
と、若干の疑問は残るが、お陰で懐かしいSEPCホルダーの面々に再会出来たのは嬉しい。

映画は、無理無理な気もするが、映画らしくスケールアップしている。
刑事ドラマではなかく、SF映画になっていた。

オープニングで2代目雅ちゃんが手紙を読んでいるシーンに、とても既視感があった。
これは、多分「デッドゾーン」なのだろう。
そして、最後は「猿の惑星」だった。

いやいや、終わってないが。

これだけヒットしたのだから、「結」は作るんだろうな!

[amazonjs asin=”B00899GU58″ locale=”JP” title=”劇場版 SPEC~天~ スタンダード・エディション DVD”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。