傍聞き

傍聞き (双葉文庫)解説でもある通り、短編こそがミステリーの真骨頂だと思う。
シンプルだが見事なトリックと、無駄のない語りの本書は、見事なミステリーである。

救急隊員の不可解な行動の「迷走」。
女刑事とその娘、そしてストーカー犯罪者の見事なトリックの「傍聞き」。
シングルマザーに片思いする消防士が、彼女の自宅の消火作業で娘を見つけられない「899」。
元受刑者と初老の女性所長との交流とスレ違いを描いた「迷い箱」。
どれも見事な短編だった。

残念なのは、現代ミステリーの風潮に侵されてしまった私は、どうしてもキャラクター小説が読みたくなってしまうことだ。
それも、長い小説を。

[amazonjs asin=”4575514535″ locale=”JP” title=”傍聞き (双葉文庫)”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。